長島精工の超精密研削盤を導入しました!

研磨機といえば、長島精工

長島精工の、「精密研削盤」を導入しました。日本を代表する長島精工の研削盤は、工作機械を製造するにあたって、なくてはならない研磨機です

キサゲとは?

研磨機の最も重要な点は、なんでしょう?それは、平面が出ている土台です。平面が出ていなかったら、いくら研磨機で平面を作ろうとしても難しいですよね。

平面を出すこと。出来て当たり前のようなことですが、実際の平面を作るのはとても難しい。機械で作る平面は、機械の精度以上は出ないのです。そして、機械の大きさに制限されます。では、どうすれば、大きな平面が出せるのか?実は、手仕事なんです。キサゲ加工とは、手仕事で平面を出すという非常に高度な職人技です。

長島精工の機械の信頼性は、このキサゲ加工にあるのです。

ダブルV(ブイ)

ちょっと、この土台の裏を見てみましょう。見えにくいですが、この構造はダブルVを呼ばれています。この構造によって、メス側とオス側の山の2面が接触し、さらに平面部分も接触しています。こうして複数面が接触しているため、長島精工の機械は常に安定した精度の高い動きが可能となっています。なるほど。