わたしたちが目指すもの

CAD・CAM・CAEとは?似ている言葉の違いを説明します。

中古機械のマシニングセンター販売サイト情報

みなさんこんにちは。

本記事では、製品加工やNCプログラムなどの話をしているとよく出てくるCAD・CAM・CAEの違いについてご紹介します。

CAD・CAM・CAEについて

NCプログラムはもちろん手動でも書くことができますが、複雑な加工を伴うプログラムを正確に書くためには、自動プログラムの力を借りる必要があります。

この過程で必要なものがCAD・CAM・CAEということになります。

この3つの違いについて、ご紹介しておきます。

CAD(キャド)とは何か?

CADはComputer Aided Designの略です。

《computer-aided design》コンピューターを利用して行う機械や構造物の設計・製図。また、その機能を組み込んだコンピューターシステムやソフトウエアを指す。このデータを基に数値制御の工作機械を操作するCAM (キャム) とあわせて用いられることが多いので、まとめてCAD/CAMと呼ばれることもある。シーエーディー。コンピューター援用設計。

Goo辞書より

かつて手書き(ドラフターを利用)して書かれていた図面は、今はコンピュータソフトウェアを利用して書きます。

金属加工では3面図を描くための2次元CADと共に、目で見て加工方法と仕上がりがわかりやすい3次元CADが多く使われます。

CAM(キャム)とは何か?

CAMは「Computer Aided Manufacturing」の略です。

《computer-aided manufacturing》コンピューターを利用して製品の製造・加工を行うこと。またはそのためのコンピューターシステムやソフトウエアを指す。CAD (キャド) のデータを基に、数値制御の工作機械を操作して加工を行う。CADとあわせて用いられることが多いので、まとめてCAD/CAMと呼ばれることもある。

Goo辞書より

CAMとは、CADを使って作成した設計データを、NCプログラムに変換するために利用するソフトウェアです。

CADは、いわばお絵かきソフトです。それを実際の加工に使うためには、CADの図面データをもとに、工具の選択、経路(カッターパス)、加工順序を決めないといけません。これを自動で決めていくのがCAMということになります。

金属加工にとって、とても重要なソフトであることがわかると思います。

CAMソフトにも様々あるので、性能の良いソフトを利用することで最適なNCプログラムに変換することができます。

最適な工具と経路の選択は何より大事です。

また、加工シミュレーションなどを利用することで、工具の衝突なども防ぐことができます。

CADと合わせて、CAD/CAM(キャドキャム)とよばれることが多いです。

CAE(キャイ または キャエ)とは何か?

CAEは「Computer Aided Engineering」の略です。

《computer-aided engineering》コンピューターによって工業製品の設計・開発を支援するエンジニアリングシステム。コンピューターでシミュレーションすることで、従来必要であった試作・実験などの工程を短縮できる。

Goo辞書より

これは、CADなどで設計した製品のシミュレーションを行うことができるソフトウェアです。

CAEソフトと違うのは、金属部品として重要な耐久試験をシミュレーションして解析することができます。

使う金属、加工方法、デザインなどよって構造上の欠点があります。このソフトでそうした弱点をあらかじめ見つけることで、不良を少なくできます。

最後に

本記事では、CAD・CAM・CAEの違いについて説明しました。

似たような名前ですが、それぞれ特徴があり金属加工には欠かせないソフトです。

制作する会社によってソフトには特徴がありますので、次回には製品の特徴について記事を書きたいと思います。

弊社について

私たちの会社は、車、エアコン、ハードディスクなどさまざまな製造業の会社向けに、部品加工・部品製作に特化した専用のカスタマイズ工作機械を設計製造しています。

弊社の人員削減と高精度という期待に応える弊社の RT-X001 ロータリートランスファーマシン

弊社のRT-X001 ロータリートランスファーマシンは、カスタマイズで多様な加工にも対応しています。

RUBY CNC RT-X001 ロータリートランスファーマシンのサイト

ロータリートランスファーマシン(RT-X001)の製品に関する質問は、以下のコンタクトフォームよりお願いします。

製品に関する問い合わせ

contact